栗-2.jpg

季節を感じる花模様のうつわの 窯元  
波佐見焼 うつわ 藍水 (らんすい)

波佐見インターを下りると右手の方へ1.3K過ぎたところに波佐見焼の季節を感じる
「花のうつわ」波佐見焼 うつわ藍水の工房があります
移り変わる四季を味わえるギャラリーの庭
門をくぐると春には、桜、つつじ、菖蒲、夏には涼しく感じさせる柳、百日紅の花、秋には紅葉のもみじ、黄色い花のつわぶき、冬には水仙、紅白の椿の花がお客様をお迎えいたします。そして、手作りの小鳥小屋からは小鳥のさえずりがピーピーとお客様を歓迎してくれます。都会のギャラリーでは味わえない自然の中のギャラリー。
雨の日は、雨どいから流れる雨の音と薄暗い中にギャラリーの灯りがひっそりと灯り、又雨が上がると周りの木の葉のなんとすがすがしい緑の色が鮮やかな光景が見られます。「藍水は雨の日が似合いますねー」とどこからのお客様も感激されてました。
作陶の合間には、米作りと野菜作りに励みます。
ギャラリーでの展示会の際には、新米や野菜も味あう事も出来、作ったうつわで藍水のご飯や野菜の料理でお客様に楽しんでいただいております。
こんなギャラリーに是非ご来店ください。